ワイン スペイン

カスティージョ・サン・シモン  /  フミージャ Castillo San Simón / JUMILLA

スペイン産

サン シモン ティント 
San Simón Tinto

J.GARCIA CARRION

1890年にガルシア・カリオン・ワイナリーは家族経営のワイナリーとして、フミージャで創業しました。6代130年以上経過した今でもその伝統は受け継がれています。世界中でも権威あるDWM (Deutsche Wein Marketing)が主催するゴールデン・リーグ2019において、500ヘクタール以上部門で世界最高のワイナリーに選ばれました。ガルシア カリオンが管理するカスティージョ サンシモンはムルシアにあり1966年に設立されたD.O.フミージャに属しています。

フミージャはスペイン南東部のムルシア北部の広い地区とアルバセテ州の南東部の一部をカバーしており面積は約22,000 ha、山に囲まれた荒涼とした台地に広がっています。平均標高は600m、海まで100㎞未満の場所にあり、夏は40℃冬はマイナスになるという寒暖差の大きな大陸性気候です。日照時間3,000時間/年、降水量は300㎜/年で、年間88,000t以上の葡萄が収穫されます。

このフミージャで栽培されている主要な葡萄品種は、マカベオ、アイレン、ペドロヒメネス、ヴェルデホ、マルバシア、モナストル、ガルナチャ・ティントレラ、センシベル(テンプラーリョ)、国際品種のシャルドネ、カベルネソーヴィニヨン、メルロー、シラー等です。この地域の赤ワインとロゼワインにはモナストレルを50%以上使用することが義務づけされています。

「モナストレル(Monastrell)」はスペイン原産の黒葡萄で、フランスでは「ムール ヴェドル」と呼ばれています。
モナストレルは、ラテン語で「修道院」を意味する「Monasteriellu」に由来していると言われており、スペインでは14世紀ごろから植えられていた記録があります。モナストレルはフミージャ地域で栽培されている葡萄の約80%を占めています。晩熟で成長がゆっくり進む葡萄品種で、温暖で乾燥した気候と水はけの良い土壌を好み、よく熟すにはかなりの日照時間が必要な葡萄です。

サン シモン ティントは、ブラックベリーやプラムなどの黒系果実の中に黒胡椒やトーストの香りが漂う。程よいタンニンと果実味を楽しめる口当たりの良いモナストレルの赤ワイン。


生産者    :J.ガルシア カリオン / カスティージョ サン シモン
ワイン名   :カスティージョ サン シモン ティント(赤)
原産地呼称  :D.O. フミージャ
種類     :赤
タイプ    :辛口 / ミディアムボディ
ヴィンテージ :2020    
葡萄品種   :モナストレル100%
容量     :750ml(12本入)
アルコール度 :13.0%
備考     :
希望小売価格 :1,045円(税抜き価格950円)

商品 Product

うれしいおいしさに健康への願いをこめて世界から…

当社の商品や展示会情報など、不明点はお気軽にお問い合わせください。

TEL:(06)6836-0123

当社の商品や展示会情報など、不明点はお気軽にお問い合わせください。

TEL:(06)6836-0123

Tasty delights for Healthier Life from the World